INTERVIEW

#ゴールデンキッズコーチ
子どもの成長に寄り添う
2017年入社 岸田 萌 GODAI白楽 専属プロ(テニスコーチ)兼ゴールデンキッズコーチ 駒澤大学卒

GODAI白楽でゴールデンキッズ(子供向けの運動神経向上スクール)の責任者を担っている岸田。テニスコーチとしても活躍する、GODAIきってのハイブリッド人財だ。 高校時代はテニス選手として挫折を経験。大学を出て一度はホテルのウェディングプランナーに――さまざまな経歴を持つ彼女は、なぜ、どんなきっかけで、ゴールデンキッズの仕事に出逢ったのだろうか。

大ケガでの挫折…それがきっかけで周りの支えを知る
4歳からテニスを始めて、中学校ではレギュラーとして全国大会準優勝も経験しました。 高校は親元を離れ、福岡の強豪・柳川高校へ。全国からトップジュニアが集う環境で、厳しい練習に耐え、2年生の時にレギュラーの座をつかみました。 そんな矢先、「右膝靭帯断裂」という大ケガをしてしまいました。全国大会を控えた直前のことでした。それから約1年間、高校3年のインターハイまでラケットも握れない日々を送ることになったのです。
目の前で仲間の練習をただ見ているしかない、辛い日々でした。一時はレギュラーになれなかったら柳川に来た意味がない、部活もやめようと思ったこともありました。 でも、中学校、高校を通じて初めてサポート側に回ることで、初めてサポート側の気持ちが理解できるようになったのです。いま振り返ると、これがコーチの仕事の原点かもしれません。
「子どもにテニスを教えたい!」ウェディングプランナーからの転身

大学では、競技者としてテニスからは一線を退きました。でもテニスには関わっていたかった。そこで、4年間テニスコーチのアルバイトをしていました。 卒業後に東京のホテルに就職。ウェディングプランナーとして勤務しました。

ところが、1年働いてみても、どうも“自分らしく働けていないなぁ”と…。働いている自分が嫌いになる時期がありました。接客もウェディングプランナーの仕事も好きなのですが、本当にやりたいことなのかな?と感じていました。 思えば、大学時代に経験したテニスコーチではほとんどキッズ・ジュニアのクラスを担当していました。いったんコートから離れたことで、子どもたちと接する時間がものすごく大きかったということに改めて気づいたのです。 私もテニスというスポーツに育ててもらった。だから、その経験を子どもたちに伝えていきたい。そういう想いが強くなり、アルバイトでお世話になった方に相談しました。そのときにGODAIのことを紹介していただいたのです。 高校時代にケガをしていなかったら、選手を続けていたら、もっとわがままな人間になっていたと思うし(笑)、何かを伝えたい、支えたいという気持ちは持てなかったと思います。 だから、コーチの仕事を選んだことは必然だったのかもしれません。
子どもの精神的な成長に寄り添う
ゴールデンキッズのことは、実はGODAIに入って初めて知りました。 ゴールデンキッズコーチになって知ったのは、運動神経が先天的なものではなく後天的に伸ばせるものなんだということ。子どもたちみんなに可能性があるし、夢があるんです。 自分が親になってもこのスクールに入れたいと思えることを目指してレッスンしています。スポーツを通して、技術的なことよりも人間性を学んでほしいと願っています。 一生懸命仕事に取り組むのは当たり前。毎回レッスンに来てくれる子どもたちが何かしら1つでも持って帰ってくれるように子どもたちに関わりたいと思うし、それができることが私にとって幸せです。

OTHER